ゲートオブリベリオンはどんなゲーム?αテスト日程決定

170103_01

正式サービスも近づいてきたスマートフォンMMORPGのゲートオブリベリオン。グラフィックについてはアンリアルエンジン4(先端の3Dゲームエンジン)が使われスマートフォンゲームとは思えないほどの美しさを持ったゲームです。

ゲームの雰囲気やキャラクターの容姿、戦闘方法や職業(種族)などゲートオブリベリオンとはどんなゲームなのか、正式サービス前ですが、できるだけ詳しく説明していきたいと思います。

動作環境やαテストやβテストの日程は?

ゲートオブリベリオンはアソビモが運営するAndroid、iOS上で動作するMMORPGです。

αテストの日程が決定したようです。詳細は以下の通りです。

【応募規約】
◆応募受付期間
2017/1/26 13:00~2017/1/29 23:59まで

◆アルファテスト実施期間
2017/1/30 15:00~2017/1/31 21:00まで

◆応募条件
Android OS 5.0以上の端末であること(正式サービス時は、4以上を予定)
※iOSは対象外。

正式サービスの詳細日程については公開されていませんが、αテストの日程から正式サービス開始は2017年夏ごろになるのではないかと予想しています。

ゲートオブリベリオンのαテストについて

ゲートオブリベリオンのαテストについては2016年12月と運営も公開していましたが、αテストの準備が間に合わなかったようで、翌月以降へと持ち越しになりました。

※以下正式ツイッターの内容

世界観やゲームの雰囲気はコテコテのファンタジーMMORPG

170104_01

世界観についてですが、これでもかといったコテコテの王道ファンタジーです。

公式ホームページにある内容をわかりやすく要約すると、

ゲームの舞台は神々に創造された「アーレス」という大地での物語。神々は異界の魔力を求め門<ゲート>を創ったおかげで、そこから魔力があふれ出てきて神々の中でも争いが起こり世界が荒れたが、神々の争いを避けた運命の女神「パンドラ」の「予言」により神々が眠りにつき争いは静まった。

これから始まる物語はそれからしばらく経ち、争いも収まり以前の神々の争いも過去の神話となり、廃墟と化した門<ゲート>の膝元に栄えた街「アンファング」に新たな冒険者が訪れる事で始まる。

要は、かつて魔力があふれていた異界とをつなぐゲートが近くにあるやばそうな街から今回のゲームがスタートするみたいですね。

なるほど、ファンタジーゲームが好きな方にはうれしい世界観に仕上がっているみたいですね。

キャラクターはリアルでモデル体型なかっこいい感じのデザイン

170104_02

ゲートオブリベリオンのキャラクターはハリウッド映画に出てきそうな、顔つきも欧米風のリアルなキャラクターです。同じアソビモのゲームで言うと、アヴァベルオンライン、オルクスオンライン、エリシアオンラインに似た雰囲気を感じます。

ただ、今回のプロモーションムービーを見る感じでは他のタイトルよりもさらにリアリティーを追求しているように思います。

男性と女性ではどちらかというと男性が好みそうなデザインではないでしょうか。装備についても戦闘向きの頑丈そうな鎧や強そうな武器が目立ちます。

ではかわいいキャラクターを作る事は出来ないのかというと、そうではなさそうです。

上の写真を見て下さい。一人だけ子どものようなプレイヤーがいますね。後にも書きますが、小柄な「トトラット」といった種族です。

他のキャラクターと比べてみると明らかに背丈が小さく、顔つきも子供っぽいですね。

どういうことかというと、ゲートオブリベリオンのキャラメイクは基本的にはリアルなキャラクター設定だけれども、種族を選ぶ方法などにより体型を決める事ができて、その他定番の髪色、肌の色などを決めていく感じになりそうです。
170104_03

また、敵についても実際には会いたくないようなリアルに恐いモンスターが多く、まるでファンタジー映画を見ているような感覚にさせてくれます。

(2017/01/07 追記)
公式ツイッターの情報より、アバター装備については通常のアイテム枠とは別の専用バッグで持ち歩けるようです。この事より、ゲートオブリベリオンではアバターの種類も豊富にしてキャラメイクにも力を入れる事が伺えます。

戦闘はノンターゲッティング方式を採用、ゲームの難易度は高め?

ゲートオブリベリオンの戦闘はノンターゲッティング方式を採用しています。

その為、ターゲッティング方式よりも操作の幅が広がり、難易度も若干高めではないかと予測されます。

その代わり、アクションゲームに近い実際の戦闘に近いような戦闘が楽しめるため、単純なターゲッティング方式じゃあもの足りないといったユーザーには非常に満足のいくゲームになるのではないでしょうか。

プレイヤーには種族と職業が選択できる

ゲートオブリベリオンでは種族と職業が用意されており、それぞれを組み合わせる事により、キャラクターのステータスやスキル等にオリジナリティーを持たせる事が出来るのではないかと予測されます。

【種族】
ヒューム:一般的な人間を連想
エルダーナ:エルフを連想
フォレス:猫キャラを連想
ダーリス:大きな体の人間を連想
トトラット:小柄な小動物人間

【職業】
ファイター:剣を使用して接近戦で戦う
ランサー:素早い攻撃で範囲攻撃を得意として戦う
ソーサラー:魔職
ヒーラー:回復職
アーチャー:弓を使った遠距離攻撃

現時点でははっきりとした事は言えませんが、特定の種族でしかできない装備や、スキル、攻撃など、種族を生かしたゲーム攻略などある可能性があります。

MMORPGではまだまだ少ない種族を使ったゲームなので今後の展開が楽しみです。

PVP機能を導入

ゲートオブリベリオンではPVP機能(オンラインゲーム上でプレイヤー同士が戦う機能)を導入しています。

アソビモではまだまだ導入実績は少ないですが、アヴァベルオンラインでも導入し、またアヴァベルのスピンアウト作品であるPVP機能にフォーカスした「イクサバ(EXAVA)」をリリースしています。

PVP機能と言えば日本では嫌うユーザーも多いが、アソビモではアヴァベルに引き続き、イクサバもリリースしている事から、ある程度PVPでもユーザーが楽しめるような工夫をして、今後もPVP機能については、MMORPGを楽しむための有力コンテンツにしていこうとしている可能性はあります。

アソビモの最新タイトルで導入されるPVPがどのように実装されるのか楽しみな所ですね。

最後に

色々と書きましたが、ゲートオブリベリオンについてはやはりなんといっても、キャラクター、景色などのグラフィックなどにしてもとにかくリアルで現実に近い描写がなされたオンラインゲームであると言っていいと思います。

また、キャラクターの外見よりかは、ゲーム性、キャラクターをいかに育成し、強くして戦うを重視しているような印象を受けました。

どちらかというと洋ゲー的な印象を受け、男性が好むようなタイトルではありますが、まだまだ正式サービスは先なので、これから出て来る情報次第ではガラッと変わったゲームに仕上がる可能性もあります。

非常に美しくリアリティーのあるオンラインゲームなので、これからの展開に期待したいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です